社会福祉法人フラワー園 | 地域交流

  • お気軽にお問い合わせください052-321-2251
  • お問い合わせ

地域交流

地域交流室

地域に密着する社会福祉法人として、地域を取り巻く関係機関と連携をとり、地域の皆さまと交流・親睦を行っています。また、社会福祉法人フラワー園の広報室として理念や使命をもとに具体化した取組みや活動を内外に向けて発信しています。

※開催日時等の詳細は
更新情報にてご覧いただけます。

地域交流

介護なんでも相談会

地域交流

毎月、地域デパートでのブース出展を行い、介護についての悩みや相談を受け付けています。

地域祭への参加

地域に密着した社会福祉法人として、地域のお祭りにて、介護相談や血圧測定ブース、ほっとひといきカフェ等の活動を通じ、地域の皆さまとの交流を図っています。

認知症カフェ

フラワー園では二つのエリアに分かれて認知症カフェを運営しています。
認知症カフェとは、認知症患者のご家族は自宅では閉鎖的に介護を続けていることが多く、認知症介護においての情報交換が満足にできない傾向がありました。そして地域住民も認知症の方と接することが少なく、認知症がどのような症状であるかを理解する機会がありませんでした。そういった問題を解決するために誕生したのが「認知症カフェ」です。
認知症カフェは、認知症の方やそのご家族、地域住民、専門職等、地域の誰もが気軽に集える場として提供され、地域の方々と協力して広く認知症への理解を伝えることや、認知症になっても支え合って暮らせる街づくりを目的としています。現在私たちが生活する名古屋市でも多くの認知症カフェが開催され、私たち「社会福祉法人フラワー園」も精力的に取り組んでおります。

少しだけ前の時代には確かにあった「人と人との繋がり」を、認知症カフェという新しい基盤の中で再構築し、広げ、紡いでいく。
そして「街づくり」として新たなコミュニティに繋げていくことこそ、究極的な認知症カフェの意義なのだと私たちは考えております。

“はなかふぇ”

『はなかふぇ』は、地域の皆様の交流の場です。

“西日置茶屋”

『西日置茶屋』では、地域の皆様の生きがい作りを目指しています。