研修・教育制度

Training

  • 教育について

    フラワー園ではフラワーモデルをもとに、“人間力”を高めるための研修に力を入れています。講師はもちろん私たち職員で。

    人物像のモデル

    素直で前向きな気持ち・考えを持ち、行動に移せる人

    ケアのモデル

    人生に寄り添う心遣い
    • がっかりさせない、悲しませない
    • 不安な時、困った時に全力で寄り添う
    • 乗り越えていくための粘り強いサポート
    • 言葉に表せない想いを受け止める
    • 家族への心遣い
    その方らしい生活の実現を支える
    • 自己決定の尊重
    • 障害に関わらず、活動や参加の状況、環境など広い視点からのプランニング
    • QOLの向上
    穏やかに暮らせる(過ごせる)働きかけ
    ご本人本位の認知症ケア(パーソンセンタードケア)
    • 尊厳を傷つけない
    • 周辺状況を悪化させない
    • 気づきを集め、周囲にわかりやすく伝える
    気持ちと体に合わせた介護技術
    • やってはいけない介助、危険な介助をしない
    • 原理原則に基づいた介助
    • お一人お一人に合わせた裏付けのある介助
    • できないではなく「どうしたらできるのか」「これでいいのか」を常に考える
  • 仕事のモデル

    コミュニケーション・チームワーク
    • 感情のコントロールをする
    • 自分で考え、主体的に行動する(自ら)
    • 苦手意識を持たない(感情の納得)
    • 迅速にもれなく周知する(連絡)
    • ミーティング・プロジェクトへ積極的に参加する(目的の共有・相談)
    • 毎日のエピソードを語る(報告・連絡)
  • 職員として

    • どの方にも、目線を合わせ、立ち止まり、笑顔でていねいな立ち振る舞いをする
    • うそをつかない。隠さない。人の悪口や人を軽んじるようなことは言わない
    • 清潔感のある身だしなみ(髪型、服装、匂いなど)
    • 手洗い、うがい、消毒をする(出退勤時、休憩前後、退室時、食事サービス前、1ケア1手洗い)
    • 早退、遅刻、欠勤がなく、安定した勤務ができる
    • 体調不良時には、速やかに上長に報告する
    • ご利用者の物、施設の物を大切にする
    • ご利用者全員のお顔とお名前が一致している
    • 個人情報を漏えいしない(SNS等の不適切な利用をしない)
  • 研修内容

    入職されると、半年をかけて以下の研修が行われます
    講師は主に先輩職員が担当します。講師を務めることは、自己成長やプレゼン能力を磨くことにもなります。

    コミュ二ケーション①(ジョハリの窓より 自らの実践へ)、②(報連相から学ぶコミュ技術)
    チームワーク(本能と桃太郎)、ストレスマネジメント(ストレスとの付き合い方)、リスクマネジメント(リスクの本当の意味を知る)
    学卒者用フォローアップ(今の自分と向き合いモチベーションの再設定をしてみよう)
    感染症・食中毒、看取り、虐待防止、権利擁護、認知症...

    専門科目として

    介護の基本(介護とは何か、本質の理解)、ケアプラン、ICF、ノーリフティングポリシー、介護技術(ボディメカニクス)...

  • 等級制度

    1から7までの等級があり、ステップアップが可能です。評価制度も整備されていますので、自分の目標を明確にすることで上の等級を目指すことができます。

    等級制度画像
    等級制度画像

お問い合わせ

Contact

各施設の窓口
LINE Instagrum Facebook
矢印
TOP
トップ
矢印
TOP
トップ