お知らせ

News

画像
  • 2020/12/18
  • 【法人本部】足湯「ゆめの語り湯」が中日新聞(12月17日朝刊)に掲載されました。
  •  先日このホームページでも紹介させていただいた「ゆめの語り湯」が中日新聞(12月17日朝刊)で紹介されました。

    私達はこのコロナ禍の中で、高齢者施設や地域の高齢の方達は「人との交流」が途絶えており、生きる気力を失っているという状況を観て参りました。

    「生き甲斐支援」という介護の本質からすれば、感染リスクやQOL等を総合判断して、「その人らしい生き方」を支援する必要があります。

    さらに、社会福祉法人の使命として、施設のご利用者を支援するのは元より、地域にも貢献をしていかなければなりません。

    そこで、フラワー園が考えたのが「地域の交流の場となる足湯」を整備することです。

    足湯を「屋外」に整備することで感染リスクが低くなるよう配慮をしながら、地域住民が「交流」が持てる場所を設けました。

    地域住民の方に安心してご利用いただけるよう、下記の感染対策方針に従い運営してまいります。

    このコロナ禍の中でも、地域共生社会の実現に向けて、「地域に生きる人が元気で暮らせるよう」私たちはこれからも知恵をしぼりながら進んでまいります。

    【感染対策方針】

    日本国内における新型コロナウイルス感染症の発生に関しまして、社会福祉法人フラワー園では、政府、自治体、関係諸機関等から示される正確な情報の収集に努めるとともに、感染拡大の防止に細心の注意を払い、「ゆめの語り湯」を運営して参ります。 お越し下さるお客様におかれましても、手洗いやマスクのご準備、うがいなど、 感染防止策へのご理解とご協力を頂けますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

    新型コロナウイルスに限らず、インフルエンザや風邪等のウイルス性の感染症が多い時期ですので、 感染拡大予防の趣旨をご理解いただき、以下の通りご協力をお願いいたします。

    ■発熱、咳、くしゃみ、全身痛、下痢などの症状がある場合は、ご来場をお控えください。

    ■感染防止の為、マスクのご着用をお願い致します。

    ■手洗い、うがいの励行をお願いいたします。

    ■消毒用アルコール等の感染防止用具を設置いたします。十分な感染対策にご協力ください。

    ■万が一利用中に体調が悪くなった場合、我慢なさらずに速やかにスタッフにお声がけください。

一覧へ戻る

お問い合わせ

Contact

各施設の窓口
LINE Instagrum Facebook
矢印
TOP
トップ
矢印
TOP
トップ